デザイン事務所ユメックスさんを取材訪問しました。

デザイン事務所ユメックスさんを取材訪問しました。

2016.08.14

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
本学出身のデザイナー 西山耕一氏は、ユメックス株式会社の代表取締役をされています。
毎年、インターンシップで中美生を受け入れてくださいます。
今回、学生を連れて、見学取材させていただきました。

 

 

1.この業界に入ったきっかけ
中学生の頃から、横尾忠則などのデザイナーにあこがれていました。
愛媛から上京して中央美術学園デザイン科に入学。在学中からデザインのアルバイトに入りそのまま就職しました。
23歳で独立、結婚しました。
ぼくらの当時、いずれはフリーのデザイナーを目指す人が多かったですね。
デザイン業界は仕事がきつくてしんどいことも多いですが、作ったものが世に出る魅力があり、好きであれば仕事を通して楽しめる業界です。

 

 

2.社名のユメックスについて
会社を立ち上げるときに、創業メンバーで話し合いネーミングしました。
仕事を通して楽しんでいきたい思いを込めています。
一見つまらなそうに見える仕事も、自分が楽しめる仕事に変えて、もっともっと良い作品にしようと工夫を楽しみたいですね。

 

 

3.業務内容について


WEB DESIGN  企業や団体から依頼されてホームページを作成、更新管理しています。
GRAPHIC DESIGN 企業や団体から依頼されてポスターやチラシを作成します。
EDITORIAL DESIGN 書籍や雑誌など出版物をデザインします。ときには取材なども行います。出版社の編集部に近い仕事です。
CHARACTER DESIGN アニメや人気ゲームのキャラクターをデザインします。誰もが知るゲームの攻略本も数多く世に出しています。
*かなり広範囲で多様な業務をされていますが、実際に最近、作られたホームページ、書籍や雑誌も見せてもらいました。学生たちも感心することしきり

デザインの仕事はとても魅力的で奥深いですね

 

 

4.学生へのメッセージ
あまり将来をくよくよ考えずに、なりたい仕事に必ずなれると信じて、目の前の仕事や課題を素直に受けることが大切です。
どんどん機会をとらえて、現場に入ることもこの業界では大切なこと。
おもしろいことをどんどんやっていいと思います。
「卒業」が目的ではなく「〇〇になる」(たとえばデザイナーになる)のが目的なのが、専門学校です。
ちなみに、うち(ユメックス)でインターンシップ(企業研修)に入った中美生は、優秀な成績で卒業して将来に結び付けている人が多いですよ

 

 

大変お忙しい中を、学生取材に応じていただきありがとうございました。
いろいろと楽しいお話を聴けて学生も本当に喜んでいました。
好きな仕事に打ち込んでいる方はキラキラしていますね!

 

 

*活躍する卒業生が多いことで知られる中美。卒業生情報が満載です!→ 中央美術学園校友会ブログ

 

*最近は卒業生メンバーの活躍が目立ってきました、中美アートサークルのブログです。 → アートサークルブログ

OPEN CAMPUS オープンキャンパス
アクセス
twitter
CHUBI facebook
WEB DESIGN 2014 ウェブデザイン授業の作品です FLEDGE アニマル女子 Julajula hanbunonsen
ライフエンディングスクール
こども絵画造形教室
指定学生会館

PAGE TOP