8月28日(金)サマースクール「アニメ・虫プロ講座」開催します!!!

8月28日(金)サマースクール「アニメ・虫プロ講座」開催します!!!

2015.08.24

 

9ec9a1a84cb3e117d73c1a62b6a6c7ec[1]

 

今年4月に新設された中美「アニメコース」ですが、テレビ番組の生中継が入ったり、マスコミ各社からの取材が多く、話題になっています。 そこでこの夏! 急きょ?! アニメ特別講座   サマースクール「アニメコース特別体験授業」として「虫プロダクション」版権事業部の芝田先生をお招きして、アニメ作品の上映と共に、虫プロ作品を解説トークいただく事が決定しました!

 

 

 

アニメ—ションの基本原理とアニメの原点と言われるゾートロープの制作体験も行ないます!!

 

 

マンガ・アニメのお好きな方は是非この貴重な機会にふるっご参加ごください!

 

 

一般参加者3000円となりますが、これまでに学校説明会や体験授業に参加された方、または参加予定の方は無料でご参加いただけます。

 

 

8月27日(木)までにお申し込み・お問い合わせください。

 

*問合せは→アニメ事業部 石川・門田まで 03-3929-1230(代表)

 

**** 株式会社 虫プロダクション   通称を虫プロという会社は、1961年6月に手塚治虫先生が創設したアニメーション専門のプロダクションです。

 

“虫”には「漫画の虫」「アニメの虫」「無死(不死身)」の意味が込められています。

 

1962年に第1作であるアニメーション映画『鉄腕アトム』第1話(モノクロ)を公開し、1965年には「日本初のカラー」の本格的連続テレビアニメ番組『ジャングル大帝』などの多くのアニメ作品を制作し、従業員数も最盛期には400人を数える日本有数のアニメーションスタジオになり、当時のアニメーターは相当に高給の職であった(飛行機のパイロット並)、高卒でも5年も働けば家が建つと云われていた伝説があったといわれています。   また『鉄腕アトム』の番組を、アメリカに配給契約という形で輸出したのは「鉄腕アトム」が最初で、現在MD(マーチャンダイジング)の先駆けでした。   手塚治虫先生は「なんでも先を行くひと」だったと尊敬します。 さらに、主な出身者として、現在の日本アニメーション業界の重鎮が名を連ねます。   (敬称略)

 

 

  • 荒木伸吾(日本のアニメーター、キャラクターデザイナー、漫画家。代表作は『聖闘士星矢』『キューティーハニー』『魔女っ子メグちゃん』など。全盛期の1970年代から1980年代までのアニメキャラクターは端正な絵柄で美形キャラクターの代名詞とされた。
  • 笹川ひろし(タツノコプロの創立時から演出家として活躍。1970年代から1980年代にかけてのタツノコ黄金時代の立役者のお一人。代表作は『タイムボカンシリーズ』など。ギャグ作品を多く手がける。)
  • 月岡貞夫(NHK『みんなのうた』の『北風小僧の寒太郎』、『おかあさんといっしょ』の『こんなこいるかな』『狼少年ケン』などで知られる。現在、宝塚大学教授。日本大学芸術学部映画学科講師。)
  • 出崎統(1970年に26歳で『あしたのジョー』(テレビ版)を監督。『エースをねらえ!』『ガンバの冒険』『立体アニメーション 家なき子』『宝島』『ベルサイユのばら』『あしたのジョー2』など1970年代~1980年代のテレビ/劇場版アニメをはじめ、テレビシリーズ、劇場用映画、OVAアニメを30タイトル以上の監督。
  • 富野由悠季(富野喜幸)(『鉄腕アトム』の制作に携わり、日本のテレビアニメ界をその草創期からを知る人物。代表作は『機動戦士ガンダム』などのガンダムシリーズ、『伝説巨神イデオン』、または『聖戦士ダンバイン』他のバイストン・ウェル関連作品など。)
  • 西崎義展(アニメ作品『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサーとして有名。

『海のトリトン』『ワンサくん』『宇宙空母ブルーノア』などを企画製作した。)

  • 安彦良和(『宇宙戦艦ヤマト』や『勇者ライディーン』、『超電磁ロボ コン・バトラーV』など数多くの作品に携わり、その中でもキャラクターデザインおよび作画監督を務めたアニメ『機動戦士ガンダム』は、テレビ・劇場版とも併せて社会現象ともいえるブームを巻き起こした。)
  • 西野清市(「文芸部門に所属していた。1967年(昭和42年)9月25日に株式会社ナック設立し、1971年(昭和46年)放送の『いじわるばあさん』よりテレビアニメ制作に参入する。代表的なアニメ作品には『正義を愛する者 月光仮面』『アストロガンガー』『ドン・チャック物語』。また『チャージマン研!』という作品もあり、放送当時はあまり注目されていなかったが、2000年代後半頃よりその作画や演出、ストーリーの奇妙さ等がインターネットのコミュニティを中心に話題となっている。

鉄腕アトムに見守られ「54年」が経過しようとしている、制作会社虫プロダクションです。

 

 ———————————————————————————————————————————   8月28日(金)13時~16時

 

 

朝日新聞連載漫画「ロダンのココロ」等で有名な内田かずひろ先生の「絵本講座」も開催されます。

 

 

申し込みは電話03-3929-1230かメール kyoumu@chubi.ac.jp でどうぞ。

 

 

受講料3000円は当日払い(在校生、卒業生は半額です)

 

 

絵本講座の詳細はこちらをご覧ください➡中央美術学園校友会ブログ  

OPEN CAMPUS オープンキャンパス
アクセス
twitter
CHUBI facebook
WEB DESIGN 2014 ウェブデザイン授業の作品です FLEDGE アニマル女子 Julajula hanbunonsen
ライフエンディングスクール
こども絵画造形教室
指定学生会館

PAGE TOP