2016年度卒業制作レポート①

2016年度卒業制作レポート①

2017.04.10

大変長らくお待たせしました~(>_<;)

 

もうすでに新学期がスタートしてしまいましたが、遅ればせながら2016年度卒業制作の提出期限直前から、提出日、審査、結果発表、合同講評会の模様をレポートします!

 

先に白状してしまいますが、この時期は職員も多忙を極め…あとで気づいたのですが写真がほとんど撮れていませんでした~!

かわりにスタッフTのあやふやイラストでお楽しみ(?)くださいませ。

 

+++

 

提出日前日

作品提出期限を明日に控え、学校は嵐の前の静けさといった様相…

自宅に持ち帰って制作する学生も多く、校内には数人の学生が黙々と手を動かす姿が見られました。

ここまできたら、あとは時間いっぱいやれることをやるのみ…!

 

 

+++

 

ついに提出日!

期限は16時!

それまでに作品を教室に展示し、必要書類を揃えて提出すること…

 

朝一番。

作品をたずさえ早々に登校する学生がチラホラ。

まだ静かな教室で展示作業がはじまり、徐々に校内の空気が温まりはじめました。

 

お昼ごろ。

続々と学生が登校し、一気に忙しなくなってきました。

「展示場所は?」「提出書類は?」「とりあえず登校したけど、まだやること残ってる!」

学生はギリギリまで粘ってバタバタバタ。

職員は学生の登校と作業状況の確認でバタバタバタ。

残り時間わずか!

提出が無事済んだ作品で、教室はだいぶ賑やかになりました。

作品を見ながらスッキリした笑顔でお互いを労いあいます。

「おつかれさま~」

…しかしこの時点でまだ登校していない学生や、作業中の学生が数名!

時計を見ながら最後の最後まで細かい修正をくりかえしていました。

どうにかこうにか提出完了…!!

学生も職員もフラフラになりながらこの日を終えました。

 

 

+++

 

作品審査

この日は学生全面立ち入り禁止で、運命の審査会が行われました。

1年間学生たちを指導してきた講師の先生方が一堂に会し、すべての作品に丁寧に目を通し評価していきます。

美術といっても、絵画・イラストレーション・漫画・デザイン・立体…と作品形態はさまざま。

講師それぞれの専門分野の立場からはもちろんですが、「アート」「表現として」「1年次(研究生は2年次)からの成長」…など教員として広い視野で意見交換をしました。

中美は少人数制なので学生と講師の距離も近く、そのため審査会も学生ひとりひとりの意図や状態をくみ取った、とても濃厚な時間となりました。

 

そして紆余曲折の話し合いの末、ついに成績が確定しました…!!

「は~ やっと決まりましたねえ~」

大仕事がおわり、講師も職員もホッとひと安心。

結果は翌日の朝、1F受け付け前に貼り出されます。

 

ドキドキの結果発表と合同講評会の様子はまた後日お届けします。。

chubi*staff( * T * )

OPEN CAMPUS オープンキャンパス
アクセス
twitter
CHUBI facebook
WEB DESIGN 2014 ウェブデザイン授業の作品です FLEDGE アニマル女子 Julajula hanbunonsen
ライフエンディングスクール
こども絵画造形教室
指定学生会館

PAGE TOP